山門・祠堂施餓鬼法


-山門・祠堂施餓鬼法-

お施餓鬼・お盆について

お施餓鬼は餓鬼道の世界に落ちて苦しんでいるものに飲食を施すという意味で、すべての生き物の生命を尊ぶことを教えています。人間としてある私たちもいつかは餓鬼道に落ちるかもしれませんので、施すことを怠っては行けないということでしょう。『施餓鬼会』は通常お盆の時期に行われますが本来は特定の日に限定されるものではございません。お盆の由来の目連尊者のお話と餓鬼の由来の阿難尊者のお話が似ていることからこの時期に行われるようになったようです。
 
 お施餓鬼の由来は『仏説救抜焔□陀羅尼経』という経典がもとになっていると言われています。これによるとお釈迦様の十大弟子で多聞第一と称される阿難尊者という方が静かな場所で坐禅」していると焔□という餓鬼があらわれ『お前は三日後に死にそして私のように醜い餓鬼に生まれ変わるだろう』と言われました。驚いた阿難尊者はどうしたらその苦をのがれることができるかと餓鬼に尋ねました。餓鬼は『無数の餓鬼たちに飲食を施し、仏のさとりを供養してほしい。そうすれば自分や餓鬼道で苦しむ者通は救われお前の生命ものびるであろう。』といいました。阿難尊者はお釈迦様に助けを求めました。するとお釈迦様は『施餓鬼棚に山海の飲食をお供えし僧達と共に施餓鬼会の法要をしなさい。そうすればすべての餓鬼に施されるであろう』と言われました。阿難尊者はお釈迦様の教えに従い多くの修行僧達と共にお供え物をし、供養をしました。その結果、阿難尊者の生命は救われお釈迦様の弟子の中で最も長生きをしました。このお話がお施餓鬼の起源とされています。

 また、お盆の由来は『仏説孟蘭盆会経』という経典がもとになっていると言われています。
これによるとお釈迦様の十大弟子で神通第一と称される目連尊者という方が神通力により亡き母の行方を探してみると母は餓鬼道に落ち苦しんでいました。餓鬼道の世界は食べ物も食べられず水も飲めないとてもつらい苦しい世界です。目連尊者はなんとか母を教えないかとお釈迦様に助けを求めました。するとお釈迦様は『お前の母の罪はとても重い人に施すことをしない自分勝手な人間だったから餓鬼道に落ちたのだ』とさとしました。目連尊者はおお釈迦様の教えに従い、僧たちの修行の最終日である七月十五日に仏弟子を集め母の追善供養をいたしました。するとその功徳のおかげで母は餓鬼道をのがれ、天上界へ昇ることが出来ました。このお話がお盆の起源とさ
れています。

 


江雲庵施餓鬼
8月17日PM13:
30から行います。


施餓鬼棚の飾り



龍頭山 江雲庵

TEL 0766-44-2984
〒933-0133 富山県高岡市太田山岸2592
Email  kounan15@p2.tcnet.ne.jp
inserted by FC2 system